水素水で体の中からきれいに!


水素水がアンチエイジング効果があると注目されて、数年が経過している状況ですが、未だに水素水って本当に効果があるものなのという疑念を持っていらっしゃる方も少なくありません。

体のサビさせる老化の原因とされている活性酸素と結びつき、体外へと排出してくれると言われている水素水ですが、ここでは水素水について詳しく紹介していきましょう。

サビの原因、活性酸素とは

水素水が一躍話題になったのは、高い抗酸化作用が期待出来るから。
そもそも、肉体が酸化するなんてことはあるのでしょうか。

答えはイエスです。
これまで肉体疲労の要因となっているのは、乳酸と言われてきました。
しかし、現代では、トリプトファンや活性酸素による筋肉や脳神経の酸化が主な原因という説がスタンダードになっているのです。

活性酸素は、生きている限り、自然と発生してしまうもの。
更に過度の負荷やストレスがかかれば、より大量に発生してしまいます。
そして紫外線などを浴びると、皮膚に大量発生し、シワ、シミなどの原因になってしまうとも言われているのです。

サビない体を作る生活を

だからこそ、サビない体を作る生活を送っていく必要があります。
ただ、ストレスがない生活や、紫外線を浴びない生活をパーフェクトに送ることは出来ませんね。
そもそも、人の交わったり、仕事をするだけで、少なからずストレスを感じるものですから。

そこで食生活などに気をつけることが思い浮かぶはずです。
ビタミンCやトマトリコピンといった抗酸化作用が期待出来る栄養素を摂取することも良い対策なのですが、水素水もその一つです。
サプリメントのように高額にはなりませんし、自然の食事から摂取するにしても、大量に必要になってしまうため、コスト的な面も考えて現実的ではないのです。

サビない体を作る生活をしたいのであれば、もっとも手軽なのは、水素水を摂取することとは言えないでしょうか。

いろいろなタイプがある水素水

若いころならば気にもなりませんが、30代を迎え、40代を過ぎた頃になれば、急激に肉体の悩みが増えてきます。
そこで前述にあるように手軽に始められる水素水がオススメなのですが、水素水といっても、さまざまなものがあります。

メロディアンや浸みわたる水素水、トラストウォーターなどと代表とするアルミパウチ容器を使った水素水。
更に水素を発生させるスティックをミネラルウォーターなどに入れ、混ぜて作るステックタイプ。

そして電気分解や水素ガスの圧力を使って、水道水などから生成する水素水サーバーなどの種類が存在しています。
それぞれにメリットがあり、デメリットもありますが、とりあえず水素水のパワーがどんなものか感じてみたいという方の場合には、アルミパウチ式の水素水がオススメです。

水素水の見分け方

上記の水素水の見分け方としては、まずスティックタイプですが、ペットボトルでは、水素が抜けてしまうため、長期保存には向いていませんし、作る手間も生じます。
出先でサッと作り、すぐに飲むといった用途なら良いかもしれませんが、あまり現実的とは言えないです。

ウォーターサーバーに関しては、価格は10万円以上のものがほとんどですし、工事費も掛かる。
その上でメンテンナンスを行わないといけないという手間が掛かります。
ただし、一度導入してしまえば、ランニングコストは、ほぼ掛からないものです。

最後にアルミパウチ容器の水素水ですが、手軽に飲める上、原料になっている水も天然水を使っていることが多く美味しいこと。
更に水素が最も抜けにくい容器であること。
冷たいものだけではなく、パックのまま湯煎をすることで、温かいものも飲めるなど様々なメリットがあるのです。

絶対に外せない条件

水素水を購入する場合、絶対に外せない条件としては、水素濃度です。
水素のパワーが実感出来るとされている濃度は、0.4ppmと言われていますから、それ以上の濃度の水素水を購入しましょう。

0.4ppmを下回っているのであれば、ほぼそこら辺のミネラルウォーターと大差はなく、ちまたで言われている水素水の抗酸化作用を実感することは出来ません。
ただ、0.8ppm以上は、あまり効果に大差はないとも言われていますから、数値のみを判断基準にはせず、味が美味しいものや、自分の体質に合ったものを選ぶと良いでしょう。

また、抜けにくいとされるアルミパウチでも、宇宙一小さい分子が水素と言われていますから、完全に抜けないようにすることが不可能です。
製造時の水素濃度とプラスして、製造年月日もチェックしましょう。
あまりに古いものであれば、水素が0.4ppm以下に落ちてしまっている可能性があるため、購入はすべきではありません。

一気に飲める容量がオススメ

どうせなら大容量のものを選びたいと思うかもしれませんが、前述にもある通り、水素は抜けやすいという特徴があります。
ですから、一度開けて、一気に飲めるコップ1杯から2杯程度、つまり300mlから400ml程度の容量の商品がオススメです。

まとめ

水素水を始めるなら、まずはアルミパウチのものがオススメ。
選び方は、水素濃度と製造年月日をみて、自分の体に合ったものや、味が美味しいと思うものを選ぶことが大事です。

Copyright© 2010 一目で分かる!ウォーターサーバーの選び方 All Rights Reserved.